2010年04月27日

研究センター、仕分け免れる=ウナギ完全養殖のおかげ? −刷新会議(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日決めた事業仕分け第2弾の対象から、候補に挙がっていた農林水産省所管の独立行政法人水産総合研究センター(本部横浜市)が外れた。同センターは8日にウナギの完全養殖に世界で初めて成功したと発表しており、この成果が仕分けを免れるのに一役買った可能性が指摘されている。
 農水省の山田正彦副大臣は20日の政務三役会議後の記者会見で、同センターが対象から外れた経緯について「どういう基準か見当が付かない」と指摘。一方で、三役会議では「ウナギの完全養殖に成功したことも関係しているのではないか」と話題になったことを明らかにした。 

【関連ニュース】
民間「仕分け人」メンバー
ネット中継で5社選定=事業仕分けで
仕分け対象の独立行政法人と事業
特別会計見直しに着手=首相が指示
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業

もんじゅ再開容認 福井県、国と振興策合意(産経新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件−郵政3社(時事通信)
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」(産経新聞)
posted by なゆ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。